テキスト
 


●『夕刊フクニチ』紙10月24日付「白蓮秋の夜語り」と題したインタビュー記事


一番好きだったところといえばどんなところですか?


  「そうですね。多々良浜辺とか、箱崎浜など好きだった。


  秋くれば博多小女郎もなげきけむ浪の遠音に人の待たるる

                                                

  の歌も 多々良浜に友達と遊んだ時にうたったと思うんですが。」














博多小女郎のこと..博多柳町(やなぎまち)というのは白縫物語(しらぬいものがたり)にもあり近松門左衛門の博多小女郎浪枕(はかたこじょろうなみまくら)というのにもある有名な遊郭のあるところ。江戸で言えば吉原。


博多小女郎に通いなじんだ毛削九右エ門(けぞり きゅうえもん)というのは密貿易の海賊だったろう。


長い歴史をもったこの柳町(やなぎまち)もこの度の売春禁止で更生に幸あれとの念願から柳町(やなぎまち)に私の歌碑 を建てたいとの話になった。

私の歌は


       秋くれば博多小女郎もなげきけむ

                                   浪の遠音に人の待たるる


博多官内町(現・中呉服町)一行寺という寺で、その有志の人々と 会った。


                             白蓮著『火の國の恋』(出版タイムス社、昭和三十四年刊)